,常在菌のバランスが崩れたら?
2019.03.28
 こうした常在菌のバランスが崩れるとどうなるんでしょう?

 

 

常在菌のバランスが崩れた肌はアルカリ性に傾きやすくなります。

 

 

酸性である肌がアルカリ性に傾くと、悪玉菌が増えやすくなり、日和見菌が悪玉菌に優勢な働きをするようになります。

 

 

そしたら、肌のバリア機能が正常に働かなくなり、皮膚トラブルを起こしてしまうのです。

 

 

 

肌がアルカリ性に傾く原因は、乾燥やアルカリ性の石けんなどで何度も洗うなど肌に負担をかけることで善玉菌の表皮ブドウ球菌が減少し、微酸性の状態を保てなくなります。

 

 

皮膚が微酸性からアルカリ性や酸性に傾くことは、皮膚にとっては刺激であり、負担になってしまいます。

 

 

このローションしかないです。

 

お問合せは

lunaesthe@gmail.com

LINE@から

 

 LINE@お友達追加でエステ代金500円割引

友だち追加